「ノビレチン」とは?一日の推奨摂取量をご紹介

HOME | コラム一覧 | 「ノビレチン」とは?一日の推奨摂取量をご紹介

美容や健康への効果・効能が研究され、注目を集める成分「ノビレチン」。こちらでは、柑橘系植物の果皮に含まれるノビレチンについてご紹介します。効率的に摂取するなら、シークワーサーの皮ごと搾って作った果汁を希釈してジュースにするのがおすすめです。

「ノビレチン」を多く含むシークワーサー

「ノビレチン」を多く含むシークワーサー

柑橘系植物に含まれる「ノビレチン」という成分が注目を集めています。柑橘系植物の果皮に含まれる成分で、農業研究技術機構 果樹研究所の見解によると、血糖値の上昇を抑制する効果があるとされているのです。

多方面から注目を集めるノビレチンは、数ある柑橘系植物の中でも、シークワーサーの果皮に最も多く含まれているといわれています。シークワーサーにもいくつか種類がありますが、東北大学超臨界溶媒工学研究センターが行った研究によると、沖縄県北部に位置する大宜味村産(青切りシークワーサー)の含有量が特に高いという結果が出ています。

ノビレチンの推奨摂取量

ノビレチンの推奨摂取量

シークワーサーの果皮に含まれるノビレチンの推奨摂取量は、東京薬科大学の教授によると一日約10mgが目安とされています。大きさや重量によっても変わりますが、一般的なミニサイズのシークワーサー果実で換算すると2~3個程度です。

果実をそのまま食べてもいいですが、ノビレチンが多く含まれているのはあくまで果皮なので、皮ごと搾ってジュースにすると手軽かつ効率的に摂取することができます。

おきなわ晴家では、大宜味村を中心とした沖縄本島北部(山原)から仕入れたシークワーサー果実を使用し、独自の搾汁技術で皮ごと搾ったシークワーサー果汁100%「山原シークヮーサー」の通販を行っています。

使用しているシークワーサーは化学肥料・農薬不使用(栽培期間中)で、黒のパッケージが目印です。お水で薄めて蜂蜜や黒糖を加えると、ジュースとして召し上がっていただけます。

この他、沖縄の食品や調味料なども販売していますので、興味をお持ちの方はぜひチェックしてください。

香酸柑橘の果皮に含まれる「ノビレチン」を摂りたい方へ

会社名 株式会社おきなわ晴家
住所 〒901-0242 沖縄県豊見城市高安803−89
TEL 098-856-3455
FAX 098-856-3402
事業内容 沖縄産ノニ、シークワーサー、ウコンなどの健康食品やコスメ、沖縄の特産品の販売
URL http://okinawaharuya.com/shop/